Message from the Leaders

トップからのメッセージ

代表取締役会長 松田 樹一

「半メーカービジネス」と新分野への進出


代表取締役会長 松田 樹一
 

当社は、1984年8月設立以来、常に最先端のエレクトロニクスとセンサ技術を駆使した製品の開発製造を目的として、最新技術の取り込み、および品質重視の生産システムの確立に努力を続けてまいりました。

「より良い製品の開発・製造を通しての社会貢献」を基本理念に、ISO9001、ISO14001 認証企業として、ME、電力、通信、FA、計測、車輌等広い分野に最先端のアナログ製品を供給いたしております。

さらに、アナログ技術をコアとする電子部品専門商社、グローバル電子グループのメーカー部門の役割をより鮮明にすべく、旧商号マツダマイクロニクス㈱(略称 MMC)を2012年7月1日付でグローバルマイクロニクス㈱(略称 GMC)へ変更致しました。

より多くのお取引先にご満足していただけますよう、グループ各社一層の工夫と改善に努力を重ね、中国工場蘇州松田微電子有限公司とともに研究開発能力を高め、生産技術力の充実を図りながら、21世紀社会の繁栄のためエネルギッシュな経営を推進してまいる所存でございます。

   
取締役社長 木下 眞

アナログとセンサ技術を駆使した「ものづくり」


取締役社長 木下 眞
 

グローバル電子グループのメーカーとして 1984 年設立以来、アナログ電子回路とセンサ技術を駆使した電子機器の開発,製造,販売をおこなってきました。

医用,産業,セキュリティ等の広い分野で、お客様の高い品質要求の立場に立って真摯に「ものづくり」にこだわり続け、更なる信頼を築きたいと考えております。

ディジタル機器全盛の現在ですが、アナログ電子回路が消えることは無く、機器や設備の性能を決定する重要な役割を果たしています。各種センシングや微小信号処理等のアナログ技術は、一朝一夕で成せるものではありません。

長きに渡る地道な努力と経験を社員一同共有し、ノウハウと実績そして信念を礎に、グローバルマイクロニクスはアナログ技術で社会に貢献し、この先さらに邁進してまいります。